広告

parasite garden「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」のネタバレを詳しく紹介しています。

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。

「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」は2022年9月に配信され、たった7ヶ月で25万ダウンロードもされた大ヒット同人漫画。現在でも売れまくっているTL漫画です。

簡単なあらすじは

恋愛下手な普通のOLと
OLの隣の部屋203号室に引っ越してきた鞍馬凪人の2人が主人公。

鞍馬が好きになってしまったOL。
「好き」と言えず、
ストーカーまがいなことを繰り返してしまいます。

だけど、
ゴミを漁ってるうちに罪悪感に耐えられず引っ越すことに。

なのに、
最後に挨拶に行った鞍馬の部屋から出てこれることはなくて・・・

というストーリー。

 

読んだ感想をひとことで表すと

興奮しながらも冷静だった鞍馬が口にした

「あきらめて」

という言葉が色んな意味で怖かった!

です。

このページでは「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」の

・ネタバレ
・感想
・見どころ
・無料で読めるのか調べた結果
・お得に読める配信サイト

などを紹介しています。

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。 全巻ネタバレ

「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」を最新結末までネタバレしていきます。

(今すぐ無料立ち読みする方はこちらから公式サイトへ進んでみてください)

↓画像タップで無料立ち読みできます↓

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。

 

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。 鞍馬とヒロイン

仕事を終え自分のマンションに帰宅した主人公。
なのに、
なかなか自分の部屋のドアを開けません。

なぜなら

(もしかして鞍馬さんに会えるかも?)

片想いしてる203号室の住人「鞍馬」が偶然、部屋から出てくるかもしれない。と期待してるから。

 

自分の部屋に帰らずモジモジしていると
念願の鞍馬が玄関を開け

「お疲れさまです」

笑顔で挨拶してくれたのでした。

 

たったそれだけで喜んでしまう主人公。

(なにかしゃべりたい)

と思ってるのに、
嬉しすぎて言葉が何も出てこないのです。

 

興奮のあまり顔も合わせられずにいると

「最近、怪しい人が出るみたいなので気をつけてくださいね」

鞍馬から親切なアドバイス。

「これがポストに入っていたんです」

そう言って「いつも見てます」と書かれてる手紙を見せてくれたのでした。

 

「あ、ありがとうございます」

お礼を伝え主人公は自分の部屋に帰っていき、
鞍馬はゴミ捨て場へ。

自分の部屋に戻った主人公は
カーテンの隙間からゴミを捨ててる鞍馬を見守るのでした。

鞍馬が自分の部屋に戻ったのを確認すると「ある目的」のためにゴミ捨て場へと向かうのです。

「誰にも見られてないか?」
を確認したあと、
鞍馬が捨てたゴミ袋を開封する主人公。

何を食べたのか?
どんな手紙が届いてるのか?

1つずつしっかりと確認。

さっき鞍馬から見せられた「いつも見てます」という手紙も主人公がポストに入れたもの。

鞍馬が好きすぎて、「私は見てます。好きです」という気持ちをこんな形でアピール。

(こんなことしちゃいけないよな・・・)

頭では理解してるけど
恋愛下手で会話もできなくて「鞍馬のことを知る手段」がなくて止められなかったのでした。

だけど、

(私は完全にストーカーだ)
(こんなことする女は鞍馬さんには相応しくない)

バレて「気持ち悪い女」とレッテルを貼られる前に鞍馬さんの前から消えよう

取り返しがつかなくなる前に鞍馬の前から消えることにしたのでした。

新しく住む部屋を決め、これまでの部屋の荷物をまとめた主人公。

お別れを告げるために
鞍馬が住む203号室のチャイムを押したのです。

玄関から出てきた鞍馬に「最後の挨拶」をした主人公。

(これが最後なんてつらい)
(だけど、さようなら鞍馬さん・・・)

自分の気持ちに整理をつけ立ち去ろうとするも

「ストーカーさんからお茶をもらってので」
「一緒に飲みませんか?」

踏ん切りをつけたのに誘われてしまうのです。

(なんで今?)
(これってストーカーが私だってバレてるよね?)

鞍馬の表情と言葉から「完全にバレてる」と察した主人公。

「ストーカーしてたの私なんです!」

頭を深々と下げ
自分からストーカーだと告白したのでした。

 

罪悪感の深さから
なかなか頭を上げることができない主人公。

しばらくそのままでいると

「しってるよ」

鞍馬の声が耳に入ってきたのです。

 

想像できなかった言葉に

(え・・・?)

固まってしまってると、
鞍馬は主人公を203号室へと強引に押し込んだのです。

押し倒された主人公が目にしたのは
壁一面に貼られた主人公の盗撮写真。

(なにこれ・・・)

目を疑うような信じられない光景に驚いてると

(どういうこと・・・?)

盗撮された写真は最近のものばかりではなく
数年前からの写真があることに気づくのでした。

 

自分がストーカーしていたこともあり
鞍馬の異常さに気付いた主人公。

(この人はヤバい人だ)
(急いで逃げなきゃ)

常軌を逸する男の部屋から逃げようとするも
主人公の逃走を阻止したのは

「主人公そのものの見た目をしてるダッチワイフ」

だったのです。

 

そのダッチワイフは
主人公が捨てた下着、捨てた服まで着せられていたのです。

 

目の前にある異常な光景を見て
恐怖で全身の力が抜け動けなくなってしまった主人公。

1秒でも早く逃げなきゃいけないのに
足に力が入らず1歩も歩くことができないのです。

 

命の危険を感じ
必死に腕の力だけで床を這って逃げようとするも、

「つかまえた」

鞍馬に捕まえられてしまうのでした。

呼吸ができないように口を押さえられたまま

「このまま君を●して」
「リアルダッチワイフにしてしまおうか?」

笑顔の鞍馬を見て

(これは冗談ではない)

瞬時に判断した主人公。

呼吸ができなくて意識が遠のいていく中で必死に頭を横にぶんぶん振るのです。

命の危機を感じてる主人公とは反対に
命乞いをする主人公を見て興奮してしまった鞍馬。

パンツを脱いで主人公の下半身に
興奮で固くなってるアレを押し当ててきたのでした。

(鞍馬さんはストーカーじゃなく●人鬼だ)

と思い
抵抗する気力を完全に失った主人公。

恐怖で絶望してる中、
まずは変態的な調教が行われていくのだった・・・

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。
↓画像タップで無料立ち読み↓

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。

 

 

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。 感想

隣の部屋に引っ越してきた男性を好きになり、
自分の気持ちを伝えることが苦手なせいでストーカーまがいの事をしてしまって、
罪悪感に押しつぶされて「ストーカーはやめよう」と決意して鞍馬の前から消えようと思ったのに、

知りたくなかった事実を知ってしまった上に望まない性行為をされ、

「203号室から出ることができない」

という最悪の結末を迎えてしまった「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」でした。

 

「なんとか生きてここから出よう」という

・主人公の鞍馬の命令を必死に従う姿

と、

「やっとこの女を自分の好きにできる」

という

・鞍馬の執念
・変態的な性癖
・人を人と思わない残酷すぎる性格

など、
とってもドロドロしすぎていて重いけど、次のページをめくりたくなるストーリー的にも面白い内容。

普通のTLエロ漫画では見ることができない

・ピュアすぎるゆえにしてしまう人間の自分勝手さ
・欲望のままの願望に近いSEX

も「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」にはたっぷりと描かれていました。

 

「なんとか生きて部屋から逃げたい」
号泣したあと涙が出なくなるまで追い詰められた主人公とは反対に、

そんな主人公を見て
どんどん興奮していく異常な鞍馬。

漫画を読む前は

「25万ダウンロードなんて本当なの?」
「そんなに面白いの?」

と疑っていましたが、
見どころたっぷりで本当に面白いストーリー。

 

「続編は配信しません」
と作者さんが語っていましたが、

・絶対に鞍馬は捕まっていないし、
・新しい獲物を見つけてるだろうし、

主人公の生死もはっきりとは判明していません。

あんなに変態な鞍馬が今回だけで終わるはずはないと思いますし、
鞍馬には「異常性癖を持つ仲間がいる」ということなので、これからも同様のことを繰り返すと思います。

購入者レビューにも「続編を読みたい!」という口コミが多かったのも納得。

続編の配信を期待してしまうほど読んで大満足だった「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」でした。

無料立ち読みだけでも漫画の面白さが伝わると思います。
ぜひチェックしてみてほしいと思います。

↓無料立ち読みはこちらからできます↓

つづきはこちら

 

購入者の口コミ(ネタバレ含む)

可愛らしい絵とは反対に、描かれてる内容は鬼畜。
直接的な暴力表現はないけれど
(●すよ?)
と脅されてカメラを向けられたままセックス。
フェラさせて主人公が床に吐いてしまった精液を舐めさせられたり、鞍馬は精神的にも支配するのが好きなヤンデレ。
「君は僕の宝物だよ」
なんて言葉にするけど、普通の人間には通用しない異常さ。

異常だけど下品ではない描写なので読んで不快さは感じませんでした。
下の毛も生えてるリアルさもあって没入できました。

ただ、全員が面白い!と言えるかはわかりません。
苦手な方もいらっしゃるのかと思うので無料立ち読みなどした方が良いと思います。

「逆らったら何をされるかわからない」
という恐怖心から、好きだった感情は消え鞍馬に従ってしまう主人公。

フェラさせられたりイラマさせられたり、「妊娠してしまう恐怖でいっぱい」なのに、中出しされてしまったり。

作者さんの絵がキレイなので、声が出せない状況を「目の表情」と「震え」で超リアルに表現されていました。

鞍馬の指もとってもキレイだったし、骨格もキレイ。

恐怖を感じさせながらもSEXシーンはHでキレイな仕上がりでした。

ヒロインのストーカーレベルが「初心者」だとしたら、
鞍馬のストーカーレベルは「超一流の賢者」くらい圧倒的なサイコ。

執念がすごすぎて漫画の途中から
「うわ・・・」
ドン引きしてしまうレベル。

実際に自分があの場所にいたら
「もう助からないだろうな」
瞬時に死を判断すると思います。

広角を上げながら嬉しそうに怖い言葉を連発する鞍馬。

漫画を読んでるだけなのに、なぜか鞍馬のセリフが頭の中で再生されるほど怖かったです。

ここ最近で読んだ漫画でトップレベルの面白さでした。

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。
↓無料立ち読みはこちら↓

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。

 

 

「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」は無料で読めるのか?

「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」は無料で読めるのか?

・海賊版サイト
・違法アップロードサイト
・zip,nyaa,torrent

など調べてみました。

結論としては「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」をアップロードしてるサイトはありませんでした。

法律が厳しくなって罰則が重くなったことが理由だと思います。

もしかすると今後アップロードするサイトが出てくるかもしれませんが、違法アップロードサイトは訪問してページを誤タップしてしまうだけで

・スマホやPCの故障
・個人情報(アドレス・データ・位置情報)などの流出

が起きてしまう可能性があります。

海賊版サイトを利用してスマホが故障してしまうと修理代も安くありません。

「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」は770円で販売されています。

漫画家さんやサークルを応援する意味でも正規版を読んでほしいと思います。

「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」を無料立ち読みできる電子コミック

「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」を配信してるサイトをまとめました。

DLsite FANZA
コミックシーモア まんが王国
めちゃコミック レンタ
ブックライブ Kindle
LINEマンガ ピッコマ

「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」を配信しているのはDLsiteだけでした。(同人コミック(R18)だからだと思います。)

DLsiteでは初回無料会員登録すると300円OFFをクーポンがもらえて300円引きでマンガを購入することができます。

月額費用など発生しませんし、漫画代だけで利用できます。

初回登録したあとは

・割引クーポン配布
・漫画代の10%をポイント還元

などの特典や

・期間限定で無料で読める漫画
・不定期開催の大型セール

など開催されます。

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。
↓無料立ち読みはこちら↓

詳しくはコチラ

 

サークル「parasite garden」の紹介

「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」を手がけたのはparasite gardenというサークルです。

音声作品(ASMR・ボイス)を中心にDLsiteでは42作品を配信されています。

漫画作品は
・203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。
・金魚の屍骸は沼の底
の2作品。

それ以外の40作品はASMRです。

ジャンル的には
ホラー、ヤンデレ、メンヘラ、バッドエンドが多い印象。

無料でお試しできるASMRもあるので試し聞きしてみてはいかがでしょうか。

→無料版ボイス

SNSなど

parasite gardenさんはtwitterも更新されていて

・作品紹介
・スケジュール

などをつぶやいています。

最近では「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」のコミカライズ企画を考えている。というお知らせがありました。

最新情報などをチェックする方はフォローしておくと良いと思います。

→Parasite Gardenさんのtwitter

pixivは運営していないのですが、ホームページなどを開設されています。

公式サイト 作品の紹介など
Booth グッズ販売など

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。
↓無料立ち読みはこちら↓

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。

 

まとめ

「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」のネタバレや無料で読む方法の紹介でした。

・エッチな描写あり
・主人公の絶望あり
・鞍馬の怖さが尋常じゃない

など「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」には見どころいっぱい。

笑顔で恐怖のセリフを口にする鞍馬が本当に怖いです。

「これまで好きだった人」が「私の命を奪うかもしれない人」に変わっていく様子を目の前で見て絶望するヒロイン。

顔のこわばり、震え、全身に力が入る様子など、ページを早く進めたいのに見入ってしまいます。

「203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。」は無料立ち読みだけで面白さや内容が伝わってきます。

無料で読めるページだけでも読んでみて欲しい本当に面白い漫画でした。

 

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。
↓無料立ち読みはこちら↓

203号の隣人は鍵束ひとつ残して消えた。